痛くない?皮膚科での赤ニキビの治療方法とは

2016y04m08d_162600851
赤ニキビは毛穴にたまった皮脂をもとにアクネ菌が繁殖して炎症を起こしている状態です。

アクネ菌が繁殖している状態では、アクネ菌を殺菌するために活性酸素が発生します。活性酸素は肌細胞も攻撃してしまいます。攻撃された肌は、肌を守るためにメラニンを生成し、メラニンが蓄積するとニキビ跡の色素沈着ができます。

炎症が真皮にまで達するとクレーター状のニキビ跡ができます。
赤ニキビを早めに治さないと、痛みなどの不快感が長引くばかりか、ニキビ跡が残る可能性があるのです。

炎症が起きている赤ニキビは、セルフケアだけでは改善が難しいかもしれません。
皮膚科で適切な治療を受けて、ニキビ跡が残らないようにしましょう。

皮膚科での治療と聞くと、「痛い治療をされるんじゃないか」と身構える方もいますが、それはあくまでイメージであり、ニキビの治療で皮膚を切開するようなことはありません。

皮膚科でのニキビ治療の第一選択が、抗生物質の治療です。
炎症を抑えてニキビの悪化を防ぎます。外用薬と内服薬の2種類の抗生物質があり、炎症がひどい場合は内服薬を処方します。

ただし、抗生物質での治療は今ある炎症を抑えて、自然治癒力で回復することを待つものです。対処療法にしかすぎず、ニキビの予防にはなりません。

根本的な治療がホルモン療法です。ホルモンバランスが乱れると、皮脂分泌が活発になったり角質が肥厚して毛穴がふさがれ、ニキビができやすくなります。
ホルモンのバランスを整えて、ニキビの根本的な解決を目指すものです。

参考:大阪赤十字病院 皮膚科
ニキビ向けのケミカルピーリングを行われており、公式サイトでは詳しい治療法や料金が紹介されています。