本気でニキビを防ぐスキンケアとは

ニキビの内部を具体的に説明すると、皮膚の中に分泌物がたまった状態です。
指で押すと痛みがあるのは毛穴内部が炎症を起こし、分泌物で圧迫されているためです。こうなる前にニキビを発生させないためには、洗顔を丁寧にすることが大変重要になります。

でも「頑張って洗顔しよう」と思うあまり、強くこすって洗うのは間違い。
肌トラブルを起こさず、きれいに洗うコツは優しく顔を包み込む感じを心掛けることです。こうすることで、毛穴につまった老廃物を排出し、ニキビの発生や悪化を防いでくれます。

初期のニキビなら、痛くないのですが、ひどくなったニキビは、赤くはれ上がり、触るのも痛いので、優しく洗顔してあげることが重要です。

洗顔には、石鹸やクリーム状のものなどいろいろと販売されていますが、できれば刺激の少ないものをお勧めいたします。ニキビ用の洗顔石鹸は、殺菌作用を重視するあまり、少し刺激が強すぎたりするので自分の肌に合ったものを選んでください。

そして、ニキビには乾燥も大敵です。
特に洗顔後にしっかりと保湿して肌の水分と油分がベストな状態を保ちましょう。

ニキビ肌のイメージとしては肌がテカテカで脂っぽく、保湿なんて必要ないと思うでしょう。しかし、20代以上でニキビ肌の人は乾燥肌の方が多いのです。

つまり、ニキビを防ぐスキンケアに求められるのは以下のものです。

・肌をキレイにし、ニキビ菌をやっつけるための洗浄&殺菌効果
・肌を乾燥から守り、水分と油分をベストに保つ保湿効果

上記の両方をトータルでケアしていくことが重要になります。
私が知る中でこのバランスが良いニキビケア化粧品がプロアクティブです。

もはやニキビ=プロアクティブと言ってもいいくらい定番商品ですが、
ニキビを予防する効果が高く、使い始めて短期間で改善したという口コミが多いです。初回はお手頃価格のお試しセットも用意されているので、ニキビ対策として使ってみては如何でしょうか。