髭剃りで出来るニキビの原因と対策とは?

髭剃りをした後にブツブツとニキビができることがあります。
ニキビができると見た目が悪いのはもちろん、髭剃りもしづらくなったりとデメリットばかりですね。

そもそも髭剃りが原因でニキビができてしまう理由の一つは、髭剃りのときに肌の表面にある「角質層」という部分を削ってしまうことによるものです。

角質層には、お肌の水分が蒸発しないようにする「保湿機能」と、外的ダメージからお肌を守る「バリア機能」があります。
しかし、髭剃りにより角質層が削られてしまうためにバリア機能が低下し、毛穴から雑菌が侵入しやすくなりニキビを引き起こしてしまうのです。

髭剃りでニキビをつくらないための対策としては、出来るだけ切れ味の良い(品質の良い)剃刀やシェーバーを使うようにすることが大事です。

また、古い剃刀をずっと使うのも避けましょう。
切れ味の悪いものを使っていると、どうしても肌を傷つけるリスクが高まってしまい、雑菌も入りやすくなります。

そして髭剃りの前には蒸しタオルでお肌を温めておくと、髭が柔らかくなって剃りやすくなりますよ。
また、髭剃りの後には化粧水や乳液でお肌をしっかりと保湿しておくことも大事です。

ちなみに、髭剃りによる肌へのダメージは髭が濃くなる原因にもなります。

ニキビだけでなく、髭の濃さも気になる方は保湿と同時に髭を薄くする効果のある、ゼロファクターなどのアフターローションがおすすめです。